「ごみ」を、ふたたび「資源」へと、生まれ変わらせるために。

「容器包装」を、ふたたび利用できる「資源」へと変えていくため、平成9年4月から「容器包装リサイクル法」というものが施行されました。

 家庭から廃棄物として排出される容器包装のリイクルシステムを確立するため「消費者が分別排出」し、「市町村が分別 収集」し、「特定事業者が再商品化(リサイクル)」するという各々の役割分担を規定するもの。どれひとつ欠けても、ごみは資源へと生まれ変わることができません。

すべての人々が、それぞれの立場でリサイクルの役割を担うこれが容器包装リサイクル法にうたわれた基本理念です。
容器包装リサイクル法は、事業者が容器包装の使用を減らせば減らすほど経済的な負担も軽減されるしくみになっています。したがって、事業者がこれまでの容器包装を見直し、過剰包装を抑制したり、よりリサイクルしやすい素材への転換などを図ることにより、一般廃棄物の発生の抑制とリサイクルの促進が期待されます。リサイクルは、消費者一人ひとりのマナーと思いやりからスタートします。市町村ごとに定めている「排出ルール」を遵守してください。また、簡易包装の商品を選択する、リターナブル容器を積極的に使うなど、人々の理解と協力によって、リサイクルはその大切な第一歩を踏み出すことができるのです。

左のボタンにカーソルを
かさねて下さい


TOP| TOPICS明日をつつむ会社概要箱ができるまで商品紹介SPツール営業品目お問い合わせ
TOP
(株)石原泰西堂